防災訓練の実施と、全社員の1/5が救命講習を受講し社会貢献

2018年10月17日

CSR活動の一環として、防災訓練及び救命講習を行いました

弊社のCSR活動(企業の社会的責任)の一環として、2018年10月に防災訓練と救命受講を行いました。

防災訓練では、災害発生時の避難場所の確認と災害時の実際の動きの確認、緊急時の備品の確認を行いました。

救命講習では、救命入門コースとして胸骨圧迫による心臓マッサージとAEDの使用方法を学びました。
今回の講習によって救命講習の受講者数は全社員の1/5となり、今年5月に設置したAEDを使用できる人数が数名から10人以上となり大幅に増えました。

今後も救命活動に関する知識と技能を習得することで、緊急時に対応できる人材を増やすことで社員の安全を守り、地域社会に貢献できる体制づくりを推進していきます。